日々の暮らしぶり

グループホーム諏訪苑の理念のひとつに『利用者さん同士が支え合う 携わる といった視点を大切に、職員は共同生活者として利用者さんを援助します』とあります。

出来ない事や出来づらいこと、出来ていることを続けられるように、お互いに手を取り合って生活をしていく。職員は、そんな視点を持ちながら、携わりを導き出していく。ご利用者が、生活の主役で有り続けるために。

そんな日々の暮らしぶりの一場面を紹介します。様々な行事を行いますが、日々の暮らし、日常の積み重ねが大切だと思っています。