新年明けましておめでとうございます。旧年中は、大変お世話になりました。みなさまが、元気に楽しく過ごせますよう、いっそうの精進をしていく所存です。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

    穏やかな天候のお正月ですね。皆様いかがお過ごしですか。きっと、素敵なお正月をお過ごしのことと思います。

    昨日、元旦は年始会ということで、昼食時に、新年を祝い、皆様の健康を祈念しながら、お屠蘇をいただきました。

 

 

ちょっと、やっつけ的( ̄▽ ̄;)ではありますけど、12月の行事や出来事を、ササーっとお知らせさせていただきます。

 

昨年(2016年)12月11日に出現した、ダブルレインボー! 2014年の12月9日。2年前の2日違いにも、ハッキリクッキリとした、ダブルレインボーが出てたんですよ!

やまない雨はない。そのあとには、必ず光が待っている。って事を教えてくれてるんだと思えました。2015年・2016年そんなことを実感できたように思います。

あきらめない限り、人生には成功しかない!

 

いい事ありそうです!明日を信じて、頑張ろうと思えた1日でした。

27日に、餅つきを行いました。お正月にいただくお餅をつきました。毎年、ベテラン職員が、あいの手(返し)を入れていましたが、こんなところでも、世代交代が現れてきました。簡単そうに見えても、そこには、細かい心遣いがあるんです。見よう見まねでは出来ない『技』があります。それは、ケアでも同じですね!


お餅を取り分ける人。手早く、均等に取り分け、お団子を作る人めがけて、投げ転がしていきます。まぁ みなさんの手際のいいこと。あっという間に、お正月用のお餅と、その日のおやつにいただく、団子が出来上がってしまいました!


 

このクリスマスの貼り絵は、もう15年以上前に、入所者さんと職員さんで、作ったものだそうです。

クリスマスには、無くてはならない存在です。


ご家族のみなさま。いつも、ご理解とご協力をいただきまして、ありがとうございます。

グループホームの忘年会を開きました。

ご家族もお招きして、ご利用者と職員さん。みんなで、年忘れをしました。

家庭の団欒って感じで、良い年忘れをすることができました。

職員曰く『締めのケーキ』(゜ロ゜)

職員さんの手作りで、とても美味しかったです。鍋の後の『締めのケーキ』も

ありかもヽ(*´∀`)ノと思えました。


職員厚生会の忘年会の様子です。職員の皆さん、本当にお疲れ様でした! この日、夜勤を勤めてくださった職員さんも、お疲れ様でした!ありがとうございました。お陰で、楽しいひと時をすごすことができました。

 

うっ!!

毎年、なんらかの出しものがあります。若手職員による『PPAP』。今年は、全然練習していないんですよぉ~と言いながらも、一生懸命みんなを楽しませてくれました!

何にでも、「一生懸命取り組もう!」という姿勢には、いつも感謝しています。

 

若手ではない職員さんによる、唄と踊り。もう正に、いぶし銀的な。

福祉会のベテラン職員さんの多くは、とても芸達者です。いつも、驚かされます。

以前、ベテラン職員さん5名と、松江市に研修に出かけたとき。小料理屋のお座敷で楽しんでいると、隣の座敷の団体さんから「みなさんは、隠岐の人たちですか?」と。

聞くと、三味線による隠岐民謡のコンクールがあったとのこと。その打ち上げで、楽しんでいたところ、何やら、隠岐のお話が聞こえたので、お声をかけました。

「三味があるなら、なんかやらっしゃいな。わたしら、唄っておどっけん(踊る)!」てなわけで、セッションの始まりです。

三味弾きの皆さんも、他のお客さんも、驚く程の、唄と踊りっぷり!自分は、ただただ、唖然と見届けるのみの存在でした。

若手、ベテラン職員さん。みなさん、頼れる存在です!