3ラウンド目は、姿勢管理とポジショニングです。今回も、島前地区の他事業所様に、ご案内して参加いただきました。

 

人は一日のうち6時間~8時間、1/4~1/3くらいは、もしかしたらそれ以上、布団やベッドで過ごしています。

こうやって考えると、寝ている時の姿勢ってとても大切なのかなと思います。離床したあとの活動に大きく影響してくるように思います。

 

自分にしても、寝方が悪くて腰が痛くなったりして、翌朝からの仕事に差し支えたり。

ご自分で寝返りができなかったり、快適な姿勢を保てないご利用者は、なおさらだと思います。

どうしたら、リラックスして休むことができるのか。どうしたら、離床後の活動に支障を与えないのか。イメージしながら、ご利用者の安楽を支援していくことが大切なんだ!と思います。クッションなども、めったやたらに、根拠なくあてがえばいいのではなく、また写真などを撮って、画一的に行えば良いということでもないことを学ばせていただきました。

身体を馴染ませるといった一手間の大切さを体感できた勉強会でした。 ANT.Sの皆さんには、毎回素敵な、フィードバックをいただいています。

 

  【身体を馴染ませる】

馴染ませるケアを行った側と行っていない側を、左右対称で確認すると、一目瞭然!馴染ませるケアをおこなった側がリラックスしているのを体感できました。

福祉用具って、見て、触って、体感することが、とても大切だと思います。良さを知って、ご利用者に快適を提供すること。


勉強会のあとは、恒例の交流会。

ただ飲んで食べる。それも良いかも!ですけど、想いを共有する場。そして、お互いにフィードバックする場だと思っています。

出来るだけ手作り感、自主的な交流会がしたいな と思っています。

何気な場面から、気づきをいただくことって多いと思います。

 

ポジショニングに使うクッションなど、大きな荷物を担いで、海士に来てくださった、ANT.Sメンバーさんとアビリティーズケアネットさん。

いつも、ありがとうございます!

同志(ありがとうございます)として、コツコツと焦らず、日々精進、切磋琢磨していきたいと思います。